逆流性食道炎について解説します

逆流性食道炎は日常生活に大きく影響を及ぼすことがある病気です。夜ぐっすり眠れない、食べたいものが食べられない、気分が冴えないなど生活に支障をきたす場合が殆どです。こちらでは逆流性食道炎の原因や対処法を紹介します。

ピロリ菌と逆流性食道炎の関係

ピロリ菌は胃の粘膜の中に生息している細菌です。
胃は胃酸によって満たされているため細菌は生息できないと思われていましたがピロリ菌はウレアーゼと言う酵素を分泌することで自分の周りを中和して身を守っています。
だから金属も溶かすほどの強酸の中でも生息できるわけです。
感染経路は経口によるものがほとんどです。
また衛生環境が整っていないところでの飲み水に生息している場合があります。
日本も昔は浄水環境が整っていなかった頃があり、多くの感染者がいました。

現在では水道からの感染はありません。 そのような感染者の口から直接的、または食事を介して間接的に感染します。
ただし成人のリスクは低く、主に子供の頃に感染します。
そのため親から子供や兄弟間の感染が多く見られます。
子供のうちは胃酸が十分に分泌されないためピロリ菌に感染しやすい環境と言えます。
小さい子供がいる家庭では家族がピロリ菌の検査を受けておいた方が安心です。
ピロリ菌に感染していると胃の粘膜が傷つけられて炎症を起こします。
そのため慢性胃炎になって不快感を常に感じるようになります。
また炎症を繰り返すことで胃潰瘍、十二指腸潰瘍になることもあります。
慢性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍が続くことで胃がんに進展する恐れもあります。
そのようなリスクを減らすためにピロリ菌を除去する治療法があります。
原因となる細菌がなくなることで発症することがなくなります。
除去をすると胃のさまざまな症状のリスクを抑えることができますが、逆流性食道炎に注意が必要になります。
感染している時には炎症が起きているため胃酸の分泌が少なくなります。
そのため逆流するほどの量がないため逆流性食道炎になることはありません。
除去することによって炎症が起きなくなると胃酸の分泌が正常化され量が増えることになります。
結果として胃酸の逆流する量が増えるため逆流性食道炎を発症する恐れがあります。
除去した患者の多くにそのような兆候が見られたと言う結果も報告されています。

ピロリ菌って除去したほうがいい?しないほうがいい?

ピロリ菌の除去によって逆流性食道炎のリスクが増加すると言われるとどうすればいいのか悩んでしまいます。
逆流性食道炎になると食道の炎症から胸焼けを感じるようになります。
せっかく胃の不快感がなくなっても胸焼けが続くようでは意味がありません。
どちらかを選ぶような状況なら決めることは難しいかもしれません。
ただしピロリ菌によるリスクと逆流性食道炎を発症するリスクを比較して総合的に検証すると除去した方が良いと言うことになります。

ピロリ菌自体が何らかの作用をして直接逆流性食道炎を抑えているわけではありません。
ピロリ菌は胃の粘膜を傷つけるため炎症が起こります。
炎症を起こしているところは胃酸に弱いので、保護するために分泌量を低下させます。
その分泌量の低下が間接的に逆流性食道炎の発症を抑えているだけです。
胃酸の分泌が過剰にならないように注意することで逆流性食道炎が発症することを抑えることはできます。
除去しないことで発症する恐れのある慢性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍と比べるとその悪影響の程度はかなり低いことになります。
胃がんのリスクがある場合やすでに胃がんになっているような場合は躊躇する必要はありません。
最近の除去後の予後管理によって逆流性食道炎になる割合は低くなっている傾向にあります。
また、もし感染しても軽度だったり一時的なもので十分にコントロールできる範囲と言われています。
小さな子供がいる家庭やこれから出産を迎える場合にはピロリ菌を除去して感染することがないようにしておくことが重要です。
胃酸が十分でない頃の子供は感染のリスクが高いため、食事を介して感染する恐れがあります。
元となる細菌がなければ注意する必要がなくなり安心して育児に専念することができます。